農学科について

農学科について

沿革

明治大学農学部は、1946年に前身の明治農業専門学校が設立されて以来、時代と社会の要請に応じて改組・拡充を進めてきました。農学科は、1949年新制大学発足時に,農業経済学科と同時に設置されました。さらに1953年には農産製造学科(1968年農芸化学科に改称)を増設。2000年に生命科学科を新設して現行の4学科体制となり、2008年、農業経済学科を食料環境政策学科へと改称しました。
生田キャンパス内の最先端の研究機器と実験圃場、2012年4月にオープンした川崎市黒川地区の明治大学黒川農場など、実験・実習を行う施設も充実しています。

特色

農学科は、自然と調和を保った高度文明社会を実現させるために、「食料」と「環境」の分野で地域や国際社会で活躍できる人材を養成することを使命としています。人類の持続的生存について俯瞰的・長期的視点から洞察し、農学全般においての問題点を発見し、それらを解決する能力を身につけられるよう、系統的かつ幅広いカリキュラムと研究領域を設けているのが本学科の特長です。

教育カリキュラム

農学科のカリキュラムは食料と環境に関連した多様な科目で構成されています。1・2年次では一般教育科目や基礎科目に加えて様々な実験・実習に2年間かけて取り組みます。3・4年次では専攻科目を体系的に学ぶとともに、研究室での「卒業研究」に取り組み多面的な視点から考える能力と知識を身につけることができます。

農学科のコースについて

学生は3年次より「食糧生産・環境コース(JABEE認定コース)」、または「総合農学コース」のどちらかに所属し、一般教育で裏づけられた倫理観・世界観をベースに、新農業資源の開発、水・土地資源をいかした食料の安定生産、農村と都市の環境保全や緑の保全・創生などに関する専門知識を身につけていくことになります。 本学科の教育プログラムは JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業生は技術士補の資格を取得することができます.

JABEEについて

学科長より

学科長 半田 高

「農学」はこれからも「文明」の礎です

Cultureには「栽培」,「文化」,「教養」の意味があります。ヒトは狩猟採取生活から,栽培化や家畜化による「農業」を始めることで「文明」を生み,発展させてきました。しかし,持続可能な農業や文明には,ヒトも自然の一部であることを理解し,自然との調和を考えることが大切です。農学科には,皆さんがこれから生きていく時代の礎となる学びがたくさんあります。1・2年次には,講義や実験・実習を通して,農業や環境の幅広い知識や技術を学びます。3・4年次の特別研究では,より専門的な知識や研究手法を習得するだけでなく,自ら問題を解決し論理的に説明する能力を身につけます。農学科でこれからの農業や文明を一緒に考えてみましょう。